最近サイトが移転したオオサカ堂の話題

subpage1

ホームページアドレスとは、実際の世界に置き換えますと、店舗の住所になります。

基本的に大企業のホームページアドレスは取得した時点からコロコロ変化する事はありません。しかし、企業側の事情でアドレスが変化する事事態はよくある事です。


それこそビジネスが拡大した結果、店舗を移転させるお店同様、ホームページアドレスをがらりと変え、通販サイトを移転させる企業は少なくありません。


オオサカ堂もまた最近、ホームページを移転させました。ネット上ではオオサカ堂が潰れた、個人輸入代行サイトが圧力に屈した等の噂が飛び交っていますが、オオサカ堂は以前同様に普通にビジネスを営んでいます。



メインのホームページアドレスを変えたサイトには常にそういった風潮被害やデマが付き物です。



オオサカ堂はURLこそ変わりましたが、大手検索サービスで調べれば普通にヒットします。もちろん今まで通り海外製医薬品が個人輸入代行出来ますので、利用していたリピーターの方、今後の利用を検討していた方々は一安心です。ただ、検索サイトによっては古いアドレスの方がヒットするかもしれません。

その際は検索キーワードを変える等、工夫が必須です。
古いサイトの方をブックマーク登録している方は、新しいオオサカ堂のURLの方に切り替えておきましょう。アドレスこそ変化しましたが、個人輸入代行サイトとしてのサービスは今まで通りです。



送料がタダ、商品の正規版保証、梱包の安心感も今までと全く同じです。

売買をもっと知る

subpage2

オオサカ堂は医薬品の個人輸入代行業者として、業界では最も有名なネットショップのひとつです。サイトには創業18年とありますから、それだけユーザーの信頼が続いてきたということでしょう。...

more

売買について思うこと!

subpage3

オオサカ堂の移転についてインターネットなどでも話題になりましたが、新しいホームページを作成して新しいオオサカ堂のサイトが作られただけなので閉鎖などの噂は実際は間違いであることがわかりました。オオサカ堂では移転をするときに大規模なメンテナンスを行っていたのでアクセス出来ない状態が長続きしたことでユーザーに不安を与えてしまったというのが真相とされています。...

more

皆が知りたい情報

subpage4

オオサカ堂はURLを変更したことにより、アクセスできない人が発生しました。クリニックより安く購入できる、また同じ成分で同じ効果を得られる医薬品を格安で購入できるメリットから、愛用している人も多いですので、大きな問題になりました。...

more

最新情報

subpage5

個人輸入代行業者にとって欠かせない国といえば、インドとシンガポールになります。インドはジェネリック医薬品を製造している国であり、個人輸入代行業者には欠かせません。...

more